シミの予防・解消には肌質で美白化粧品を選ばなければいけない理由

シミの予防とシミの解消、どちらの場合でも自分の肌質に合った美白化粧品を使うことが一番大切です。 敏感肌、乾燥肌、脂性乾燥肌(混合肌、オイリードライ肌)の方は、健常肌(健康で理想的な肌)と違い、自分の肌に合わない美白化粧品を使ってもほとんど効果がなかったり、逆に状態が悪化してしまいます。
なぜ肌質で選ばなければいけないかと言うと、シミが出来るメカニズム(シミサイクル)に関係があります。健常肌とそれ以外の肌では、シミサイクルが異なるためです。シミサイクルについてはこちらで詳しく解説されています。
また、自分の肌質が分かっていれば自分に合ったものを選べますが、自覚していない場合も多いようです。自覚せずに健常肌用の美白化粧品を使ってしまうと刺激が強すぎて逆効果になることもあるので注意しましょう。

あなたの肌タイプは?

≪普通肌(健常肌)におすすめの美白化粧品≫
普通肌(健常肌)の方は、敏感肌の方よりも使用できる美白化粧品の種類が豊富です。ピンポイントでシミを攻撃するもの、顔全体のトーンアップするものなどがあります。
≪自分の肌質が分からないという方へ≫
自分の肌質が分からないという方や、今まで美白化粧品を使ってもほとんど効果が感じられなかった方はこちら。

シミ予防 美白化粧品ランキング

美白化粧品 価格 特徴

サエル
トライアル
2,160円
1,480円
送料無料
敏感肌専用の美白化粧品。美白効果が出にくい敏感肌の方の声に応えて開発されました。敏感肌特有のシミサイクルをブロック。敏感肌で美白効果が感じられないという方はコレ。

ビーグレン
トライアル
1,944円
送料無料
最強の美白成分ハイドロキノンと予防成分シムホワイト377を配合。独自の浸透テクノロジーで肌の奥まで届け、シミやメラニンに直接働きかける

アンプルール
トライアル
1,890円
送料無料
安定性が高く刺激が少ない新安定型ハイドロキノンを配合。角質層に浸透し、出来てしまったシミに働きかける。

HANAオーガニック
トライアル
1,480円
送料無料
貴重なダマスクローズを配合したオーガニックコスメ。肌の再生力を高め、シミ・くすみを追い出す。@コスメで1位になるなど評価が高い。

アスタリフトホワイト
トライアル
1,000円
送料無料
美白有効成分(アルブチン、ビタミンC誘導体)を配合。最新ナノ技術の浸透力で、角質層にまで浸透させ、メラニンの生成を抑制しシミを防ぐ。

当サイトからの申し込みが多い順にランキングを作成しています。

ディセンシア サエルが人気のポイント

多くの女性誌・美容雑誌でベストコスメを受賞!

女性誌や美容雑誌で特集を組まれるコスメは沢山ありますが、その中でベストコスメに選ばれるのは極わずか。サエルは、多くの女性誌でベストコスメに選ばれているのです。
その人気の秘密は、今までになかった画期的な特許技術ヴァイタサイクルヴェール。紫外線や外部刺激を徹底的にブロックし、セラミドを含む美肌成分で肌のバリア機能を積極的に修復。さらに肌内部でセラミドの生成を促すので、自ら潤う肌へ。
3つの天然成分でメラニンの生成を抑え、エスクレシド(ポーラ研究所オリジナルの成分)が黒くなったメラニンを白いチロシンへと巻き戻すので、すでに出来てしまったシミにも対応。
今まで敏感肌や乾燥肌の方は、刺激が少ない美白化粧品を選ぶしかなかったのですが、これからは積極的に美しさを追求できます。
もちろん、普通肌の方が使ってもOKです。 ディセンシア サエル 公式サイトはこちら

シミ対策化粧品 体験レビュー

人気の敏感肌専用美白化粧品ディセンシアサエル
敏感肌用美白化粧品として人気が高いディセンシアサエルのトライアルセットを実際に試してみました。
敏感肌用化粧品だけど、本当に美白効果が実感できるの?その使用感はどうなの?etc.気になるところを実際に使用し確認しました。
オーガニック美白化粧品HANAオーガニック
オーガニックローズが肌再生力を高める、天然100%の国産オーガニック化粧品のHANAオーガニックを試してみました。 オーガニック化粧品だけど、本当に美白効果は実感できるの?使用感はどうなの?etc.気になるところを実際に使用し確認しました。
「しみを消す化粧品ランキング|人気・おすすめシミ対策美白コスメ」について
シミ対策に良いと言われる美白コスメを使っても効果が出なかったという経験はないでしょうか?美白化粧水にも様々なタイプがあり、自分の目的とあったものでなければ、十分に効果を発揮するような働きができないこともあります。
2016
紫外線の強い時期や猛暑が続くと、日焼けやホワイトニングケアが気になります。不健康でない健康的な白い肌に憧れます。美しい肌は女性の命と言っても過言ではありませんからね。美白は刺激が強いので肌の健康に悪いとか思われることもしばしば。しかし、しみのない肌は若く見えるので、美白ケアはエイジングにも必要不可欠でしょう。美白コスメを買うときは何を気にするかというと成分ですね。メラニン色素の生成を防いだりするものを意識しています。有効成分も色々あるので勉強するのも時間がかかります。しかし間違ったものを使うと望んだ効果が得られにくくなるので注意ですね。最近ではチロシナーゼやチロシンといった専門用語にも詳しくなってきました。美白は時間がかかるのですぐに結果を求めるのはよろしくありませんが、用心に越したことはありません。昔からある美白成分といえばビタミンCがあります。ビタミンCはエイジングやニキビケアにも良いので注目してます。毛抜きで無駄毛を抜いていると色素沈着することもあるらしいので、透明感のある肌を目指す方は気をつけてください。洗顔石鹸は保湿力があるものを使うと肌のターンオーバーが促進され、メラニンを排出してくれるのでシミ・ソバカスができにくくなります。スキンケアは何事も継続することが重要で、即効で劇的な効果を期待し過ぎないようにしましょう。お試しセットやトライアルのあるものは、それを利用してパッチテストすると良いです。そうすると肌がかぶれたり荒れたりなどのトラブルを最小限に抑えることができます。 美白美容液の中には、朝用、昼用、夜用など時間によって使い分けるものもあります。夜寝ている間は新陳代謝がアップし肌が再生する時間帯です。この時間帯に新しい肌が作られ、古い角質などが汚れとして出てきます。朝起きたときには、肌がベトベトしているのはこのためです。 最近では肌の表面に存在する常在菌にも注目が集まっています。この常在菌というのは簡単に言うと善玉菌で、肌を外敵(紫外線や外部刺激)から守ってくれる働きがあります。外部刺激を防いでくれるので、シミの予防にも良いのです。肌の常在菌を増やすための育菌にアプローチするコスメも登場しています。 シミ消し化粧品を選ぶときに口コミを参考にする方も多いでしょう。しかし、その口コミが正しい情報であるか見極めが必要です。シミを消してワントーン明るい肌にするためには時間がかかります。ですから、ちょっと試してみて効果が感じられないのは当然のことなのです。ニキビケアの化粧品というのは比較的早く効果がでます。そのため、ニキビケア化粧品と同じように美白化粧品も効くのだろうと思っているとガッカリすることになります。また、効果の出方というのは個人差も大きいです。その人の肌の状態、例えば乾燥しているとか、エイジングが進んでいる場合は効果が出にくいからです。口コミを書いている人がどの程度試して結果が出なかったのかという点もチェックすると良いでしょう。だから口コミはちょっと参考にする程度にして、どんな美白成分が入っているのか、有効成分が浸透しやすいのかといった点をチェックする方が失敗が少なくなります。 そばかす(雀斑)とは茶色い点々が肌に現れたものです。鼻の周りや頬にできることが多いですが、顔以外にも出来ます。背中や腕などにソバカスができることもしばしばあります。紫外線に当たっているとソバカスが濃くなってきます。そのことからも分かるようにシミと同様にメラニンが原因です。基本的にシミを消すときと同じようなケアを行うことで対策できます。子供のころからあるソバカスは遺伝性のもので、大人になるにつれて薄くなっていきます。もし子どもの頃からあるソバカスが大人になっても薄くならない場合はセルフケアでも薄くならない可能性があり、その場合は皮膚科で治療を受けると良いでしょう。 美白化粧品には医薬部外品に認定されているものもあります。医薬部外品とは厚生労働省が効果を認めた成分を配合しているものを言います。一般的な化粧品よりは効果が高いですが、100%シミが消せることを保証するものではありません。あくまでも配合されている美白成分に美白効果があることや、保湿成分に保湿効果があることを認定しているものです。 エイジングの悩みで多いのはシミやシワ・小じわ・たるみです。染みも皺も紫外線や活性酸素が大きな引き金となります。エイジングケアは紫外線や活性酸素との戦いでもあるわけです。通常はメラニン色素が作られても肌のターンオーバーにより排泄されます。しかし紫外線を繰り返し何度も浴びているとメラノサイトの数が増えより多くのメラニンが生成され、ターンオーバーでのメラニンの排出が追いつかなくなります。これによりシミができ、徐々に濃くなっていきます。メラニン色素が真皮層にまで落ちていくと濃いシミになり取り除くのが難しくなります。 シミとクスミは同列に語られることが多いですが、実際には違うものです。 シミはメラニン色素が原因ですが、肌のくすみの原因はそれだけではありません。クスミの原因は、肌の乾燥、血行不良、老化などです。肌が乾燥すると肌のキメが荒くなり乱れてきます。そうすると光が乱反射して肌がくらく見えます。血行不良になると顔色が悪くなるのは当然ですね。老化にともない肌がたるんだり皺(しわ)ができてくると影になる部分が多くなるのでくすんで見えます。また角質層が厚くなり透明感も失われがちです。 表皮と真皮の境目には基底層があります。基底層にはメラノサイトが存在しています。メラニン色素ははメラノサイトで作られます。メラニンが作られる原因は外部刺激です。紫外線も外部刺激に含まれます。他には摩擦などの物理的刺激や、花粉・アレルゲンなどが触れたときの科学的刺激なども外部刺激です。 ニキビが出来たあとにシミになることがあります。ニキビは肌が炎症を起こしている状態なのでこれも刺激になります。ニキビが出来たときは正しいケアをして早目に治すことが大切です。長引いてニキビ跡になったりするとシミになる可能性が高くなります。 自力では消せないような濃いシミは美容外科のシミ消しや、フェイシャルエステの美白コースなどに通うのがおすすめです。美容クリニックや美容皮膚科ではレーザーでシミ取りをする治療があります。料金は高くなりますが、ある程度濃いしみの除去にも対応できます。美容クリニックでは一度シミを解消したら終わりですが、フェイシャルエステは根本的にお肌をケアして潤いのある美肌の状態へと導きます。そうすることで再びシミが出来る確率が下がります。そこがエステと医療機関の違いです。 シミをスキンケアで目立たなくするのは時間がかかります。そのため、最初はメイクで隠す人が多いです。外ではメイクで隠し、家に帰ったらクレンジングでメイクを落とし、シミ消しのためのスキンケアを行います。特に夜はお肌が作られる時間帯です。夜の12時ころには成長ホルモンが一番出る時間なので、そのときにしっかりと睡眠を取ることが大切です。寝ている間に成長ホルモンが分泌されやすいからです。 シミの一種に肝斑(かんぱん)があります。肝斑は両頬の骨が出ている部分にそって左右対称に出来るシミです。広範囲に現れます。紫外線対策をしたり、美白ケアをしていても肝斑は出来てしまいます。女性ホルモンのバランスが乱れることが原因と考えられています。妊娠したりピル(経口避妊薬)を服用したりすると女性ホルモンのバランスが乱れ、肝斑ができることがあります。肝斑の治療には、トラネキサム酸入りの薬の服用が効果的です。 クリームでのシミケアをしたいという方も多いと思います。顔だけでなく体も美白したいという場合には、たっぷり入っている美白クリームが適しているでしょう。ラインで使う美白用の基礎化粧品や化粧水は体に使うには量が少なくてもったいない気がします。腕や足のシミにはアルビオンのホワイトニングボディミルク、シーボディのイルコルポ ミネラルボディシャインジェル、マニスのホワイトニングボディクリーム、オルビスのボディホワイトニングジェルなどがあります。 昨年くらいから美白用のサプリメントも見かけるようになりました。サプリメントは栄養補助食品です。美白サプリも薬ではありませんので、それを飲んだからといってシミが消えるというものではありません。薬局やドラッグストア、通販で手に入る第三類医薬品もあります。 美白のために食べ物に気をつける方も多いでしょう。どんな食事が良いのでしょうか?栄養素としてはビタミンC、ビタミンE、β-カロチン、L-システイン、リコピン、アスタキサンチン、エラグ酸などが摂れる食事が良いようです。 年代によってもおすすめの美白ケアや美白コスメは変わってきます。10代はターンオーバーも活発で、それほど美白に気を使わないと思いますが、20代も中盤になるとターンオーバーが落ちてくるのでちゃんとケアしてあげないと駄目です。30代、40代となってくると角質層が厚くなり、美白成分が浸透しにくくなります。美白成分は元々浸透しにくいものが多いので、年齢とともにさらに効きにくくなってきます。 30代以降はターンオーバーが滞るので、古い角質が溜まりやすくなります。お肌に潤いを与えるようなケアをしたり、ピーリングにより古い角質を取り除き新しい肌に生まれ変わるように新陳代謝を促すようなケアがおすすめです。肌の弱い方にはピーリングは刺激が強いこともありますので、保湿をメインにすると良いでしょう。 また、シミが出来ないように予防に力を入れることも忘れてはいけません。若い頃よりも念入りな防御をするように心がけましょう。日焼け止めクリームやオーガニックのUVなどがおすすめです。
シミを消すために美白化粧品を使っても、思ったような結果がえられなかった経験はありませんか?美白化粧品にはシミを消すものとシミを予防するものがあるのでコレを間違えると効果は半減です。また、肌質によっては使わないほうが良い美白成分もあるので注意が必要です。これらを分かりやすく解説します。